福井県内を中心に新築注文住宅をご提供している工務店です。新築の注文住宅、古民家再生、公共施設も施工しています。
お役立ちブログ

越前市高瀬 分譲地

2017.11.21

今年もあと少しで師走に入りますが、年末に向けての準備皆さんいかがでしょうか?

当社も年末に向けて行事目白押しで元気いっぱいです

さて、越前市高瀬で6区画の分譲を販売いたします

 

来年にむけてマイホームをというかたは是非ご連絡お待ちしております。

高瀬分譲1

東西道路になっておりまして上下水道も引き込み済みです。

土地の大きさは全区画、約50坪です。

 

詳しいことは当社にお越しください。

今年は例年より天気は思わしくないですが皆様一緒にはりきっていきましょう

 

平成29年度 地域型住宅グリーン化事業 補助金

2017.07.14

7月も半ばになり、夏の暑さ満載ですね

当社スタッフも暑さに負けず元気いっぱい最高の家をつくっています。

20090630190007db9

 

本題ですが、本年も国土交通省から地域型住宅グリーン化事業の採択が始まりました。

 

事業の趣旨
本事業は、地域における木造住宅生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため中小住宅生産者等が、

他の中小住宅生産者や木材、建材流通等の関連事業者とともに連携体制(グループ)を構築して

省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物の整備やこれと併せて行う三世代同居への

対応等に対して支援を行うことにより、消費者の信頼性向上、地域経済の活性化、木材自給率の向上、

住宅の省エネルギー化に向けた技術力の向上、子育てを家族で支え合える三世代同居など複数世帯の

同居がしやすい環境づくりなどを目指すものです。

 

難しいことはさておき、どのような家を新築するとこの補助が受けられるかというと

長期優良住宅  最大100万円

認定低炭素住宅 最大100万円

性能向上計画確定住宅 最大100万円

ゼロ・エネルギー住宅 最大165万円

になります。ゼロ・エネルギー住宅は改修も補助可能となっています。

 

性能のよい住宅を建てることに補助を出しましょうということです。

 

また、上記に加えプラスアルファの補助金もあります。

地域材の過半利用の場合に加算 上限20万円

三世帯同居対応要件適合で加算 上限30万円

 

詳しいことは是非一度当社にきていただきスタッフにお尋ねください。

期間ですが、今のところ今年の8月末(見込み)から来年3月末までに契約・着工および交付申請を

行うこととなっていますので、注意してください。

(申請等にも時間がかかります)

また、こちらの補助金は予算もあり、棟数も決まっていますので、絶対にもらえるものではありませんが

チャレンジしましょう。

夏

 

平成29年度 県産材 補助金

2017.04.11

春ですねえ。今年も桜満開きれいです。

ちょっと雨と重なってじっくり桜を楽しむまではいかないですが、

入学式や入社式、新年度といったスタートをきる季節を実感しています。

 

今年も県産材を活用したふくいの住まい支援事業の内容がでました。

 

~住宅の新築への補助金制度~

対象者の条件(次の全てを満たす方)

■県内に自ら居住するために、在来工法による一戸建ての木造住宅を建設(または建売住宅を購入)

される方

■福井県税を滞納していない方

■補助の対象となる住宅の部分について、本事業以外の県の実施する資金援助を受けていない方

■平成30年3月10日までに工事完了報告書を提出できる方

 

住宅の条件(次の全てを満たす方)

■住宅部分の床面積が100㎡以上であるもの

(その住宅の床面積が2分の1以上に相当する部分が当該居住の用に供されるものに限る)

■住宅に使用する木材の体積の50%以上の県産材を使用し、かつ品質を表示した県産材の柱を

30本以上使用するもの。  *品質とは、強度、含水率をいう。

 

補助金額

■住宅の用件を満たし、敷地面積が200㎡(60.5坪)未満のもの:30万円

■住宅の用件を満たし、敷地面積が200㎡(60.5坪)以上のもの:40万円

 

また、上記の補助を受けられる方で越前瓦を使用した場合、越前瓦の使用面積1㎡当たり

1,000円を上記県産材補助金額に上乗せ(上限10万円)

 

さらに、県産材の補助金を受けられる方で越前和紙を使用した場合、越前和紙の使用面積

1㎡あたり1,000円を上記県産材補助金額に上乗せ(上限10万円)

 

以上が29年度県産材補助金の内容になります。

地域活性化のため、風土に適した木材を使用されたい方は是非、利用してください。

最大で60万円の補助金を受けることができます。

 

新年度に入り、色んな補助金がでてきております。

こちらでも随時アップしていきますが、是非当社スタッフにお声掛けください。

越前町(旧朝日町) 分譲 売地

2017.02.03

いよいよ朝日町で宅地分譲開始します。

販売は2017年3月予定です。

 

興味のある方は是非当社までお問い合わせください。

0778-34-2525 まで

ビベロ分譲地について問い合わせとおっしゃってください。

 

気軽にお問い合わせお待ちしております。

 

Vivero朝日データ1M

エコポイント復活

2016.10.28

最近温暖の差が激しく皆様体調管理には十分気をつけてください。

今回はエコポイントが復活!

その名も「住宅ストック循環支援事業」です。

 

内容は

若者の住居費負担の軽減、良質な住宅ストックの形成及び既存住宅流通・リフォーム市場の

拡大を図るため、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵担保保険に加入する既存住宅

の取得や、耐震性が確保されたエコリフォーム、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えの

取組に対して、国がその費用の一部を補助します。

 

1.リフォーム・・・持ち家の省エネ性能を向上させるリフォームに対して補助します。

リフォーム後の住宅が耐震性を有することが条件です。

【対象工事】①開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修(一定量の断熱材を使用)

③設備エコ改修(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、

高効率給湯機、節湯水栓のうち3種類以上を設置)

【補助額】対象工事により補助額は様々です。3,000円~150,000円

【補助限度額】30万円/戸(耐震改修を行う場合 45万円/戸)

 

2.既存住宅の購入に対する支援の概要・・・若者による既存住宅の購入において

インスペクション(住宅診断)や購入時に行うエコリフォームに

対して補助します。既存住宅売買瑕疵担保保険への加入が条件です。

【補助対象】①インスペクション・・・依頼主に費用負担が生じるもの

②エコリフォーム・・・エコリフォームの対象工事に同じ

【補助額】 ①インスペクション 5万円/戸

②エコリフォーム エコリフォームの補助額と同じ

【補助限度額】50万円/戸(耐震改修を行う場合 65万円/戸)

 

3.エコ住宅への建替えに対する支援の概要・・・一定の省エネ性能を有する住宅

(エコ住宅)の建築(建替)に対して補助します。

耐震性のない住宅を除去することが条件です。

【補助対象・補助額】

木造住宅・・・省エネ基準以上

■ 認定長期優良住宅+BELS☆☆ 40万円/戸

■ 認定長期優良住宅+BELS☆☆☆以上 50万円/戸

■ 上記以外+BELS☆☆ 30万円/戸

■  〃  +BELS☆☆☆ 40万円/戸

■  〃  +BELS☆☆☆☆以上 50万円/戸

 

以上の3項目が補助対象となります。

平成29年1月18日から平成29年12月31日の期間になります。

 

詳しいことは私もこれからですが、是非活用していきましょう。

越前町 朝日 小学校跡地 分譲 売地

2016.08.08

毎日暑い日が続きますね

暑さに無理をせずなるべく涼しくすごしていきましょう。

 

今回はいよいよ分譲地区画販売が始まりました朝日町小学校跡地について報告いたします。

 

なかなか土地が出ない朝日町において大型分譲地が越前町から販売されます。

 

朝日町の土地をお探しの方、是非ご覧下さい

朝日小学校跡地分譲01

8月11日AM9:00より現地にて説明会が開催されますので興味のあるかたはご参加してみてください。

*申込み資格があります

①3年以内で自己住宅を建てる方で10年以上の居住を予定される方

②同居予定者に満16歳に満たない子がある人、又は分譲希望者に配偶者があり、当該分譲希望者及び

配偶者の年齢が満41歳に満たない人

という条件があります。子育て世代対象分譲地ということですね。

申込み書も添付します。

下記をクリック

申込み書

 

当社の方もぞくぞくと分譲予定を計画しております。

当社の分譲に興味のあるかたは当社にお越し下さい

クールシェア

2016.07.26

今年も夏のシーズンがやってきました

皆さんは暑い夏、どのようにお過ごしですか?海水浴に行ったり、家でのんびりするのもいいですね

松田工務店スタッフも暑さに負けずがんばっています熱中症には気をつけないといけませんね

 

環境省では、クールビズの一環として「クールシェア」という家族や地域で楽しみながら地球温暖化防止や節電にもつながる取組みを勧めています

具体的にどういうものかと言うと、家庭では複数のエアコンの使用を避けてなるべく1部屋に集まる工夫をしたり、図書館や図書館などの公共施設を利用することで家庭の消費電力を抑えるというものです。

水辺や木陰に行って、自然の中で涼しむのもいいですねma2

 

家族で1箇所に集まれば節電も出来、家族団らんの時間も過ごすことが出来るので一石二鳥ですね

今年も節電に気を配りながら夏を楽しんでいきましょう!

越前市住宅取得緊急支援事業補助金

2016.06.21

梅雨のじめじめとした季節も終わりに近づき、暑い日が多くなってきましたね。

越前市住宅取得緊急緊急支援事業補助金がスタートしました。

越前市に住んでいただいた方に最大50万円補助。中心市街地で取得する場合はさらに100万円補助されます。

〈補助金額:(取得費用ー対象外経費)×1/10=補償額〉

 

条件としまして

①書類提出時に40歳未満であること

②対象住宅の所有者になること(共有名義の場合は、持ち分が1/2以上であること)

③対象住宅に生活の本拠を置き、定住する意思があること

④市許可日(購入の場合は、平成28年4月1日)~平成29年3月31日までに工事請負・売買契約を締結し、平成29年12月末までに居住を開始していること

⑤対象住宅の延べ床面積が75㎡以上であること(兼用住宅である場合は、住宅部分が半分以上又は住宅部分の延べ床面積が75㎡以上であること

⑥対象住宅は、台所・風呂・便所を設けていること

⑦対象住宅の取得に対する対価を支払っていること(2親等以内の親族からの取得、相続、贈与等を除く。)

⑧市税に滞納がないこと

といった条件があります。

 

申請方法(添付書類)としましては

①付近見取り図、配置図、各階平面図

②工事費見積書の写し

③事業費内訳書(補助対象事業費の内訳がわかるもの)

※希望される方は、必ず工事契約前にお申込みください

 

越前市で住みたいという方はだんだん増えており、弊社では越前市の土地情報も多く揃えています

補助金を利用して幸せな家づくりをスタートしましょう!

外壁塗装の種類

2016.05.30

5月も終わりに近づき、梅雨のじめっとした天気が多くなってきましたね。

先日、松田工務店スタッフの家の外壁を塗り替えました。

家を建ててから15年、20年と経ってくると、外壁がだんだん劣化してきますよね。

その時、外壁を塗り替えるといっても、実はいろいろな種類があって耐久性もコストも違うんです。

今回はその外壁塗料の種類について説明します。

 

(1)アクリル塗料  耐久年数6~8年

20年前に発売された塗料。価格は安いが耐久性が低く、こまめに手入れが必要になります。

現在はあまり使われていませんが、とにかく安く済ませたい!という方が使われます。

 

(2)ウレタン塗料  耐久年数7~10年

柔らかい性質があり、細部塗装に適していますが耐久年数と性能がシリコンに劣ります。

上位塗料の価格が下がってきたため、ウレタンを選ぶメリットがあまりなくなってきました。

 

(3)シリコン塗料  耐久年数12~15年

耐久性と近年の価格の安定で人気の塗料です。シリコンを含有し、汚れにくさと性能の両立させ「超耐久」を実現させました。

シリコン塗料には、水性(水で薄める)のものと溶性(シンナーなどで薄める)のものとあります。昔は溶性だと環境に悪く、臭いもきついなどありましたが、今では弱溶性という環境にも良く臭いも少ないものが出てきました。

 

(4)フッ素塗料  耐久年数15~20年

まだ価格は高いが、外壁塗装の中では最も耐久年数が高い塗料。

高性能で耐久性が高く、できるだけ塗装工事をしたくない、寿命を長持ちさせたいという方が使われる塗料です。

 

当社スタッフの家はシリコン塗料で塗装を行いました。シリコンがオススメですね。

塗装で悩んでる方、興味ある方は、是非、当社スタッフにおたずねください!

家 ピカピカ

平成28年度県産材補助金

2016.04.16

やっと花粉も収まり、ぽかぽか温かい季節になりました。

今年も福井県の県産材補助制度の受付が開始されました。

 

新築の場合

建てる敷地面積が200㎡未満の場合30万円200㎡以上の場合40万円が支給

されます。

 

 

条件としまして

県内に自ら居住するために在来工法による一戸建ての木造住宅を建設または購入される方

福井県税を滞納していない方

補助の対象となる住宅部分について、本事業以外の県の実施する資金援助を受けていない方

平成29年3月10までに工事完了報告書を提出出来る方

住宅部分の面積が100㎡以上であるもの

住宅に使用する木材の体積の50%以上の県産材を使用し、かつ

品質を表示した県産材の柱を30本以上使用するもの

といった条件があります。

昨年度と変わりありませんね。

 

 

さらに併用できる補助金額があります。

 

越前瓦を使用した場合

越前瓦の使用面積が1㎡あたり1000円(最大10万円)の金額が補助されます。

越前和紙を使用した場合

越前和紙の使用面積1㎡あたり1000円(最大10万円)の金額が補助されます。

 

 

上記の県産材と越前瓦、越前和紙を使用する建物を新築しますと最大60万円の補助

もられます。大きいですね。

 

 

当社では、県産材や越前瓦、越前和紙を使用した建物は大得意です。

昨年も多くの方にこの補助金を利用していただきました。

 

 

興味のあるかたは、是非、当社スタッフにおたずねください。

 

 

 

1 / 612345...最後 »
PAGE TOP
Copyright(C) MATSUTA KOUMUTEN CO.LTD, All Right Reserved.