福井県内を中心に新築注文住宅をご提供している工務店です。新築の注文住宅、古民家再生、公共施設も施工しています。
社長松田の徒然ブログ

プレミアムフライデー

2017.02.24

今日は、初の「プレミアムフライデー」でした。

仕事をさっさと切り上げて、せっせと消費に励もう。結構な掛け声ではありますが、それで景気が上向き、地域が元気になればいいですよね。

しかし、何とも長たらしく、ややこしい呼び名です。

それで思い出すのが、バブル時代に流行った「花金(はなきん)」

どっちかって言うと、私達の世代にはこっちの方がピンときますね。(笑)

 

いろいろな企業で、働き方改革での取り組みの一つとして、導入されたことがニュースで話題になっていました。

また一方では、ここぞとばかりに、百貨店などはプレミアム商戦に突入みたいですね。

 

しかし、多くの企業は月末の忙しい中なかなか導入できずに、困惑している様子です。

ニュースによりますと、本日実施した企業は0.1%らしいです。

ご多分に漏れず、当社も導入なんてまだまだ縁がありません。と言うより、土曜日が休みじゃないと意味ありませんよね。

現に、まだ(ただ今20:30)残業しているスタッフも数人います。世の中では今日の残業を「プレミアム残業」と呼ぶらしいです。

呼び方も工夫してますね・・・。(笑)

 

年頭の私の挨拶で、

「今年はノー残業デーを決めるぞ!」&「せめて残業は22時まで」

と声高らかに宣言したものの、現実はなかなか難しいです。

山積みになる仕事と真剣に向き合い、夜遅くまで仕事をする社員には頭が下がる思いです。

そんな真面目な社員達に甘えず、私自身が真剣に【働き方改革】に取り組まないといけないのです。

でないと、今に「ブラック」になってしまいます。

 

他社の例では、22時になると社内の電気を切ってしまうという会社もあるそうです。

しかし、それでも残業したい社員は登山用のヘッドライトをつけて真っ暗の中で仕事してるとか、それもへんな現象ですね。

imagesH0IF3XZ3

 

今の段階では、当社は「プレミアムフライデー」といかないまでも、せめて「オプショナルフライデー」にしなくちゃです。(笑)

 

 

 

変われる環境

2017.02.23

本日ある人と、「人はなかなか変われない」ということについて話ししました。

 

確かに、「人はそう簡単に変われない。」とよく耳にします。

世の中はどんどん変わっていくのに人だけは変われない・・・と

 

先日、出張に向かう列車の中で、スタッフにこんな話をしました。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

 

1.時間配分を変える

2.つきあう人を変える

3.住む場所を変える

 

この3つの要素でしか人間は変わらない。

 

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことです。

「新たな決意で頑張るぞ!」「今日から心を入れ替えよう!」と思っても

三日坊主でなかなか続かないものです。無理をすればするほど続かないものです。

そんな経験がある人は、「なるほど」とうなずくのではないでしょうか。

 

自分の心を変えるのがいちばん大事ですが、なかなか自分で自分の心をコントロールするのは難しいことです。

だからこそ、どんな人とつきあうかという「ご縁」が大切なのですね。

 

そのスタッフは「僕は会社に入って変わりました。」と言いました。

どんな仲間と付き合い、どんな環境で生活をするかで変われるのです。

上記の2と3です。

 

今週末、経営計画発表会をします。

会社がどんどん変わっていくことをスタッフ達やパートナーさん達に説明します。

 

そして、全員で一緒に変わっていく決意をします。

顔晴ります!

 

 

サラリーマン川柳

2017.02.22

毎回ユーモラスに詠む第一生命の「サラリーマン川柳」の入選作100句が先日発表されました。

私は毎年、楽しく拝読しています。

今回は30回目の節目だとか、毎回日常の出来事を題材に世相を斬りつけています。

今回は、大手広告会社の過労死のこともあり、働き方改革が叫ばれる中、残業などの労務のことが目立ちます。

 

「我が課長 丸投げだけは 金メダル」  愚痴もでますよね~(笑)

「効率化 提案するため 日々残業」  現実と建前の違い。

「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」  皮肉たっぷり。

「残業は するなこれだけ やっておけ」  これも現実。(爆)

 

また、昨年大ヒットした映画【君の名は】を題材にした句も目立ちました。私たち熟年層は、思わず苦笑いしてしまいそうな句も…

 

「久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は」  君は覚えているかな僕の名を。

「君の名は ゆとり世代の 名が読めず」  君はどこの国から来たんだい?

 

その他、楽しくユニークな作品ばかりでした。

その中から投票で5月末にベスト10が発表されます。私も先ほど一票投じました。

どの作品が選ばれるのでしょう?

楽しみですね。

花粉症

2017.02.21

二十四節気の雨水も過ぎて、春告草とも呼ばれる梅が咲き出したという便りが各地から届く頃、花粉症の私は抗アレルギー剤を飲み始めます。

これから、5月の連休過ぎぐらいまで薬漬けで憂鬱な季節となります。

毎朝の天気予報の花粉情報も見逃せません。日によってはマスク・メガネ・帽子までもが必需品です。

この時期ドラッグストアーの店頭は花粉症対策グッズでいっぱいになります。

花粉症の方は外出の際には、それぞれ万全の対策をとっているかと思いますが、外出先から自宅に帰った時も室内に花粉を持ち込まないよう注意が必要です。

 

そのためには玄関先で掃除機を使って衣類の花粉を吸い取りましょう。

但し花粉のサイズは40~50ミクロンと小さいため通常の集塵袋では花粉が通りぬけてしまう可能性が高いと言えます。

そこでHEPAフィルター付き掃除機であれば、0.3ミクロン以上のダストや花粉をキャッチする事が出来るのでお勧めです。

ところで最近の高気密住宅は従来の住宅に比べて自然換気量すなわち外気の侵入量が少なく、花粉症対策には適した住宅です。

 

しかし意外と節穴が(笑)

24時間換気システムを運転するとある程度外気が侵入するため対策が必要です。

24時間換気システムの給気が自然給気の場合は壁に給気口が付いていることが多いと思います。

この場合は市販の給気口用フィルターを取り付けましょう。

 

吸気口 吸気口用フィルター

 

 

また、窓サッシの換気框の給気口は閉めた方が良いのですが、この場合他に壁などの給気口が無い場合は給気不足で正常な換気が出来なくなります。その時は換気框に花粉対策用網戸を切り取り貼り付けるか、何れかの窓網戸に花粉対策用網戸を取り付けそこから給気しましょう。但し夜間の防犯にはご注意下さい。

 


窓サッシの換気框(手動開閉式)

 


花粉・ホコリ対策用網戸
フィルター網戸

 

ミクロに織り込んだフィルターが花粉・ホコリを80%以上カット。
通気性を保ちながら濾過機能に優れた網戸です。

給気も排気も換気扇を使う24時間換気システムの場合は給気フィルターに花粉が大量に付着するため小まめに清掃しましょう。

花粉症の方はこの時期には是非このようなことを心がけて、少しでも快適にお過ごしください。

 

 

【顔晴って!】

2017.02.20

 

昨日のこの徒然Blogで、最後に受験生と親御さん達に「顔晴ってください!」とエールを送りました。

気付かれた人いますか?

その【顔晴って!】の言葉には意味があるのです。

 

 

私が仕事の打合わせの日時等について仲間何人かでメールでのやり取りをしていると、そのうちの一人からのメールの最後にいつも「では、今日も一日、顔晴ってください。」と書いてあるのです。

 

最初は、「あっ、頑張ってください」の文字変換ミスだと思っていたのです。

 

そしたら、次の打合わせメールにも「顔晴ってください」と添えられているのです。

「あっ、まただ!」と思ったのですが、その人は何回もうっかり文字変換ミスを放っておくような人ではないので、実際に打合わせで会った時に、聞いてみたのです。

そしたら、やはり文字変換ミスではなくて、わざとにそう打っているというのです。

 

なぜだか聞いてみました。

 

頑張るという字は、いかにも「目標のために、戦うや、闘う」というイメージがして、肩が張ってくる感じがしますよね。我を張る感じ…。

なんだか大切な1日を、眉間にシワを寄せて戦って闘って生きるイメージ。

でも、字を変えて「顔晴る」にすれば、「晴れやか」な「笑顔」のイメージです。

だから、1日を笑顔で健やかに過ごして欲しいという意味を込めて「顔晴って」と使っているのです。

 

という返答だったのです。

 

なるほどなぁ~と、納得。

ほんとにすごい表現ですよね。

 

そして、その人はこう続けたのです。

「松田社長は、きっと頑張り屋さんですよね?そして負けず嫌いですよね?」と…。

ズバリ!当たっています。

 

「実は、私も以前は相当の頑張り屋さんで、自分では気づいてなかったのですが、頑張って頑張って頑張り過ぎていたようなのです。周りから見ると、今に壊れてしまうんじゃないかと不安で、ヒヤヒヤしていたらしいのです。で、結局、私は壊れたのです。壊れたからこそ、色んな生き方を学ぶチャンスを与えられ、今の私があるんですけどね。だから、以前の私と似たような生き方をしている人を見ると、なんとなく分かるのです。だからこそ、そういう人たちに『頑張り過ぎないで!そのままだと、身体か心のどちらかを壊してしまうから』と伝えたくなるのです。それが、私が『頑張ってください』と書かずに『顔晴ってください』と書く意味なのです。」と…。

 

いやぁ〜、なんか衝撃でした。

いつもニコニコと笑顔で生きるその人にそんな過去があったとは…?

全く想像もつきませんでした。

 

私も自分では気づいていないけど、見る人が見たら、きっと頑張り過ぎているところもあるのでしょうね。

でも、自分で言うのもなんですが結構真面目な性格の私は、「まだまだ頑張らないと」「まだまだ出来るはず」と、いつも自分を鼓舞しているのです。

しかし、今、この言葉に出会い、この方に出会ったということは、何か大きな意味があるのだと思うので、もう一度、自分の生き方、仕事の仕方について、じっくりと考えてみたいと思いました。

 

そして、

「顔を晴らして笑顔でいることは、お金がなくても誰にでもできる最高の【布施行】なんです。笑顔でいることで、相手に笑顔が伝染して、周りにいる人たちを幸せにできるから、笑顔でいるだけで【徳】を積むことになるのです。」

と、その人は笑顔で教えてくれました。

 

とっても衝撃なことでしたが、この言葉と出会えて、気が晴れたような気がします。

これからも新たな気持ちで、私も顔晴っていきます。

神頼みは最後に

2017.02.19

 

IMG_5308

 

今週の「人生はもっとニャンとかなる」のカレンダーです。

 

IMG_5313

 

本には、「ベートーヴェン」の逸話が紹介されています。

 

ベートーヴェンが、ピアノ奏者のモシェレスから楽譜を受けとったとき、その片隅にこんな言葉を見つけました。

「神の助けによって、つつがなく演奏が終わりますように」。すると彼はすぐにペンを取り、その言葉の下にこう書き足したのです。

「神に頼るとはなんたることだ、自らの力で自らを助けたまえ」。難聴とという過酷な状況も自らの力で乗り越えるという意志を持っていたからこそ、ベートーヴェンは偉大な曲を作り続けることができたのでしょう。

運を天に任せるのではなく、できる限りの努力をしてみましょう。

 

IMG_5310

 

 

今、受験シーズンまっただ中。

いくら努力しても最後には神頼みってこともあり得ますね。

 

意外と、受験生本人は冷静。

努力を積み重ねてきた本人としては、自分次第だと分かっています。

しかし、見守ってやるしかない親は「神頼み」しかない。その気持ちも分かります。

神様も大変だ。

本来、神様にお参りするという行為は、頼むのじゃなく感謝するものなのです。

受験が終わって、無事合格したあかつきには、親子でお礼参りに行かれてはどうでしょうか、

神様も喜んでくださると思いますよ。

 

あと少しです。

受験生の皆様、そして親御さんたちあと少しです。

顔晴ってくださいね。

 

 

 

 

逆立ち写真

2017.02.18

昨日は出張で東京に行っていました。

朝8時過ぎに、行きの新幹線の中で社員からのメールが届きました。

 

「おはようございます。昨日の(社長の)Blogの写真が逆さになっております。ご存じでしょうか?」

「スマホとタブレットで見ますと、そうなっているみたいです。パソコンは大丈夫でした。」

というメールです。

 

自分のスマホで確認すると確かに一つ目だけが正常で、その他の写真が全て逆さでした。

毎回Blogをアップした後で必ず(pcで)確認しているのですが、そんなことなかったし、正常でした。不思議です。

 

 

IMG_5306 IMG_5304

 

 

なるほど~、確かに・・・。

以前もそんなことを知らせてくれた人がいました。その時も、私はPCで確認しても正常でしたから、聞き流していました

今度こそなにか原因があるのだと思い、詳しい知人に相談したところ、すぐに調べてくれて連絡をくれました。

ありがたいです。【持つべきは良き友と、良き社員】です。

因と解決法  クリック

 

そうですよね、カメラだから上下があるはずですよね。

でもどうして、PCでは正常に見えるのでしょう?不思議ですね。どっちにしてもアイホンではシャッターボタンを下か右にして撮影すればいいのですね。

覚えておきましょう。

 

 

落語で相続を学ぼう

2017.02.16

 

先日、私の机の上に 建材屋さんが持ってきたのか、パンフレットが1つ置いてありました。

 

IMG_5297

 

普段だと、ダイレクトメールが毎日山のように机の上に置いてあって、さっと見てはゴミ箱に直行なんですが、

このパンフレットだけは、なぜだか目に止まって、中身を見ると興味深いことが・・

 

IMG_5295

 

70代の皆さまへは、自分自身の老後のためのリフォームのこと、介護のこと、相続のこと、確かに不安に思ってることをテーマに問いかけています。

 

IMG_5296

 

そして50代の皆さまへは、

親の老後のこと、2世帯リフォームのこと、相続のこと、介護のこと、これまた心配なことを問いかけています。

 

確かに、皆さん不安に思っていることでしょうね。

どこに相談したらいいのか、どんな準備をすればいいのか分からない事へのお手伝いをしましょうというプロジェクトを立ち上げています。

当社も加盟している「北陸優良住宅の会」と弁護士、税理士、社労士、FP、司法書士さん達が集まっての相談窓口です。

 

私ももう50代後半、自分ではまだ若いと思っていたのに、もうこんな歳に・・・

なるほどなぁ~、いいところに目を付けてるな~、そろそろ準備しなきゃな~、って思います。同じ思いの人も多いのではないでしょうか?

でもなかなか、行動に移せません。そこで、こんなイベントがあります。ぜひ参加してみてはいかでしょうか?

 

IMG_5298

 

「笑顔相続落語in福井」来月の12日に開催されます。

落語で相続のうまいやり方を学ぼうという講座です。無料ですし、落語を聞くだけでもためになります。

ぜひ興味のある方は足を運ばれたらいかがでしょうか?

無料で、200名限定となっています。前評判もいいのですぐに満席になってしまうと思われます。申込用紙は当社に置いてありますので、興味のある方はどうぞ早めの申し込みを。

早く行かないと満席になっちゃいますよ~。

 

 

 

義理

2017.02.14

今日はバレンタインデー。

世の中「義理」が飛び交ってることでしょうね。

チョコレート業者が始めた戦略にまんまと乗せられて消費者が競ってチョコを買てしまうバレンタインデー。

これは、我が国だけの習慣だそうです。やはり日本人は義理が好きなのでしょうね。(笑)

 

それをうまく表現していたコラムを先日見つけました。紹介しましょう。

 

どこの誰かは知らないが「義理チョコ」と名付け、流行させた仕掛け人に脱帽する。それらしき品を求める女性が街にあふれる時節になった。
 世間の義理には無縁の小さな子までが商戦に加わる。義理と聞いては放っておけない年配者も、若者たちに交じる。ほほ笑ましくもあり、ブームの仕掛けにまんまと乗せられたようでもある。
 義理ほど大切な美徳はない。教えてくれたのは、かつての仁侠映画のヒーローたち。義理は時に人情よりも重い。そんな大事な仁義も、人々の欲望の渦に巻き込まれ、無残に砕け散ることもある。映画館の暗闇は、別の教訓も教えてくれた。
 こわもての男や女たちのドラマは、とうに下火になった。義理や仁義がすっかり忘れ去られたようだったが、あろうことか甘いチョコの仕掛けで、突然甦ってきた。やはり、われわれには、義理を重んじる遺伝子が脈々と息づいているとみえる。いや、ひょっとして、逆か。絶滅寸前になってしまったから、せめて年に1度は、「義理」を果たす贈り物をするのだろうか。どちらにせよ、甘くて時にほろ苦いのが義理の味、と知る。

(北國新聞時鐘 より)

 

また、義理というと儒教の教え「仁・義・礼・智・信」の五徳を思い出します。

そのうち【義】は、人の生きる正しい行い、判断力、恩義、義理
(孟子は、「義とは人の正しい道、もし生と義が両方満たされない場合は、生を捨て義を取るもの」と教えました。)
その【義】の教えと義理チョコを混同するのはおかしいですが、そうでもしないと「義理」という言葉すら消滅しそうな時代です。

考え方によっては「義理」という言葉を思い出させてくれる1年に一度の貴重なイベントなんですね。(笑)

 

 

 

目指せ、ボスキャラ

2017.02.13

 

IMG_5282

 

今週の「人生はもっとニャンとかなる」シリーズのカレンダーです。

 

IMG_5283

 

本には西郷隆盛の逸話が紹介されています。

 

〔西郷隆盛〕薩摩藩士・政治家
江戸時代末期、幕臣である3人の刺客が鹿児島へ向かっていました。

彼らは勝海舟からの紹介状を手に、西郷隆盛に会って刺殺しようと目論んでいたのです。

そして彼らが西郷の家に着いたとき、玄関の真ん中でふんどし姿で昼寝をしている男がいました。

その男に「西郷はどこか?」とたずねると「おいどんが西郷じゃが」と答えたので3人はびっくりしました。

西郷は、勝の紹介状をひととおり読んだあと、「ほほう、あなたたちは、おいどんを刺しにまいられたか、遠路はるばるご苦労でしたな」と言って、大きく笑いました。

刺客たちはその度量に驚き、目的を果たさず帰っていったということです。

人は、その人の持つ寛容さや胆力の強さに惹きつけられるものです。

 

西郷ドンの肝の大きさには、ビックリです。

 

 

IMG_5284

 

 

吉田松陰の言葉は西郷隆盛そのものですね。二人は同じ時代に生きた長州藩士と薩摩藩士。

例え、敵対する国の藩主であろうとも、その動かざる志と肝によって、否応なしに相手を認めさせてしまうのでしょうね。

西郷ドン、天晴れ!!

 

 

 

PAGE TOP
Copyright(C) MATSUTA KOUMUTEN CO.LTD, All Right Reserved.