福井県内を中心に新築注文住宅をご提供している工務店です。新築の注文住宅、古民家再生、公共施設も施工しています。
社長松田の徒然ブログ

床の間のちょっとした知識

2016.09.30

先日、古民家再生協会福井の月例会がありました。

 

img_3933

 

その例会の中で学習の時間が有ります。建築に携わっている私達でも知らないことも有り勉強になることがあります。

今回、勉強したのは「床の間」のことです。

ちょっと知ってて、損しない情報を皆様にもお伝えします。

 

床の間の下り壁の裏側は通常下地のままで仕上げをしません。

これらは施工を忘れたのではなく、意図的に仕上げをせず、この家はまだ仕上がっておらず、もっと良くなると家の繁栄を願う意味があります。

私が先輩から教わったのは、家を完全に仕上げず息抜きができるようにしているとも習いました。

まぁ、どっちにしてもわざと仕上げてないのが通例ということです。

 

床の間に掛け軸等をかける金物を見かけると思います。

床の間に付ける金物も他にもいろいろあります。

 

%e7%84%a1%e5%8f%8c%e9%87%98

(解説図はWebより拝借)

 

床柱に花を掛けるために打たれた釘を「花生釘(はないけくぎ)」といい、床框から1m程度の高さに打たれることが多いです。

床の間の奥の壁中央に花を生けるために打つ釘は、収納型になっていて「無双釘(むそうくぎ)」といいます。

掛け軸を掛けるために床の間の奥の回り縁に打つ釘は「折れ釘(おれくぎ)」、正月飾りの青竹を掛けるために床の間の奥の柱に打つ釘は「柳釘(やなぎくぎ)」といいます。

 

当社ではこれらの釘は、過去全て施工してきましたが 、若い会員さんは知らない人ばかりでした、その事に驚きました。

それもそのはず、最近は、和室を本格的に作らないお宅が増えてきましたから。

日本の伝統「おもてなし・室礼(しつらい)」が忘れられていくはずです。

未来の子どもたちのために、せめて「日本建築の美さと知識と精神」は残していきたいものです。

 

つもり10訓

2016.09.29

昨今、他社の取り組みに興味があり、いろんな会社の取り組みや理念等を見ては、感心しています。

やはり継続している会社、業績を伸ばし続けている会社は理念や方針が徹底され全員の意識と行動が違います。

模範とする会社・ベンチマークとする会社はすでにあるのですが、どのようにすれば近づけるのかと毎日模索中です。

 

そんな中、こんなのを見つけました。

お茶の伊右衛門でご存じの方も多い「福寿苑」です。

 

「福寿園」の【つもり10訓】

 

多いつもりで ないのが分別

あるつもりで ないのが財産

ないつもりで あるのが借金

深いつもりで 浅いのが知恵

浅いつもりで 深いのが欲

高いつもりで 低いのが見識

低いつもりで 高いのが腰

儲けるつもりで 損するのが商売

飾るつもりで 剥げるのが嘘

隠すつもりで 顕れるのが悪事

 

福寿円 HP 

 

福寿円は今年で創業226年目。

もともと創業者の伊右衛門は綿など諸物を扱っていましたが

お茶一本に絞り商いを拡大させてきました。

良いものは自然に売れていく。

逆にいえば、徳を積むこと、自分を磨くことによって人が集まる。

お金を儲けるというより、商品にも徳や品格が必要であり、

それがあれば、自然と商売は成り立つといいます。

 

「儲けるつもりで損するのが商売」

いい言葉ですねぇ。

 

「今日の利益のためよりも、明日の利益のために何をしたか」

を実践して今があるのです。

その時代に価値ある企業であったからこそ今があります。

すごいですね。

 

 

 

美しい日本語

2016.09.28

秋分を過ぎると日の暮れるが一気に早くなった気がします。

昨日の朝焼けでないですけど、晴れた日は秋の夕暮れも清々しい気分になります。

 

さっきまでの夕空が手品みたいに消える、まさに「秋の日はつるべ落とし」です。

井戸が暮らしから縁遠くなったから「釣瓶(つるべ)」にピンと来ない若者も多いと思います。

しかし、言葉として無くなるには惜しい表現です。「秋の日はつるべ落とし」風情が伝わる美しい日本語です。

 

アニメ映画「君の名は」が大ヒット。もう見に行かれた方も多いのではないでしょうか?

なぜだか「君の名は」というタイトルに懐かしさを感じました。

一昔前、流行った「君に会いたくなったら…」「君がいない」などの詩を思い出しますね。

 

友達や教師、親までも平気に「あんた」呼ばわりをする若者が多いと聞きます。また、訳の分からないカタカナ言葉が氾濫する時代に、その「君の名は」という、なつかしいタイトルに今の若者達が引かれた事にも驚きです。

こうしてみると、美しい日本語たくさんありますね。

これからも大切にしていってもらいたいものです。

 

ちなみに、「君の名は」を見に行った人から聞いたのですが、

アニメ好きにはもちろん、ロマンチストで空想好きにはおもしろい映画だ。

美しい景色にすごく惹かれた、構成も良くできていたし、話の流れもテンポ良く楽しめたけど、ストーリーはありえないな~

という感想でした。

私もなんとか時間を作って見に行きたいと思っています。

 

 

 

 

 

雲のパズル

2016.09.27

 

 

img_3919

img_3922

5:40  朝焼け、一つ一つの雲のピースがジグソーパズルのよう。

 

img_3924

5:53 いつの間にか、雲が晴れて、ようやくお日さまが昇り出します。

 

img_3925

5:58 だんだん雲が明るくなってきます。

 

img_3928

6:00 雲が流れ、霧がたたずみ神秘的な風景。

 

今朝は 久々に秋らしい澄んだ秋晴れの天気でした。早朝の空の雲の変化です。

毎朝見ている景色ですが今朝のは、

 

パズルのようにピースはめ込み季節が変わるたびいつの日か奇跡が起きて…

雲の色が違うわ、雲の色が今日は明るい

雲の流れが違うわ、雲の流れが今日は速い

 

と口ずさみたくなるほど、

とても清々しい気持ちになれました。

皆さんにもおっそわけです。(笑)

 

 

 

葡萄色(えびいろ)

2016.09.26

 

p1030094

 

今週の「日本の伝統色」シリーズカレンダーです。

 

%e8%91%a1%e8%90%84%e8%89%b2

 

「葡萄」と書いて「えび」と読みます。

ここでの葡萄は、ヤマブドウの一種であるエビヅルの実のことです。

「葡萄色」は、この実が熟したような紫みの強い赤です。

 

 

 

p1030092

 

今週の「養生訓」です。

 

江戸は不思議な時代でした。鎖国をしていたため、日本国有の浮世絵などが独自に花開きました。それは、ゴッホやモネなどの世界の大画家達に影響を与えました。日本は資源も少なく、独自の言語しか話さないある種の村社会です。鎖国というと聞こえは悪いのですが、さまざまなものがうまく循環していた江戸時代を見直してみる。回帰するのではなく、超進化した「ネオ江戸時代」を目指す。それは、最終的に地球のためになるような気がします。これが、日本の豊かに発展して生き延びる道ではないでしょうか。

 

地域感謝祭(周年祭)

2016.09.25

 

%e5%91%a82016-24 %e5%91%a82016-27

 

本日、秋晴れの中、第8周年地域感謝祭(周年祭)を当社の広場でおこないました。

今回もたくさんの方に来場してもらいました。

 

 

手作りでおこなった今回もパートナーさん達40人ほどお手伝いに来てくれて、いろんな催し物をしました。

来場していただいたお客様達もとても満足していただきました。

 

%e5%91%a82016-26 %e5%91%a82016-17 %e5%91%a82016-20

外の広場では重機体験や的あて輪投げ等

 

%e5%91%a82016-3 %e5%91%a82016-22

倉庫の中では木工教室やコテ絵、畳小物作り等

 

%e5%91%a82016-13 %e5%91%a82016-9

資料館の中では レーザーくぐりスパイ大作戦、LED証明作り・ビーズ教室等

いろんな楽しい催し物で盛り上がりました。詳しくはスタッフブログで紹介すると思いますからここでは割愛します。(笑)

 

 

当社の地域感謝祭(周年祭)とは、

8年前、当社が営業を始めて20年目、その年の私の誕生日(9月15日)に合わせて「住まいの資料館」をオープンしました。

今年で8年経ちました。それから毎年9月15日近辺の日曜日、周年行事としてこの地で商売をさせていただいていることに感謝して地域感謝祭を行っています。

再来年(H30年)は事業を始めて30年この地域感謝祭も10年目と節目になります。

その年には大々的なことをと計画しています。

また来年・再来年とご期待下さい。

 

 

 

 

木のソムリエツアー

2016.09.24

今年も「木のソムリエツアー」の最終回が当社でおこなわれました。

 

img_3886

「木のソムリエツアー」とは全国古民家再生協会福井支部の会員である西島木材さんが主催する4回にわたる勉強会です。

「2015木のソムリエツアー」   昨年の様子です。

 

img_3887

今年は参加者も多くて15人でした。

一般の方がこれほど勉強すると木の仕事に従事している私達も少しやりにくいところありますね。(笑)

 

img_3881img_3884

 

①建て方完了後の現場 ⇒ ②そろそろ木工事が完了する状態で仕上げ工事にかかる前の現場 ⇒ ③完成の現場

三箇所の現場を回りました。

 

今まで、山に立っている樹の伐採から、木材に製材する行程、木材の性質と特性などを勉強してきてそれらがどのように使われて完成して住宅になるのかを見てもらいました。

 

本当のことを知る事って大事ですよね。

世の中間違っていることだらけそれを選別するには物事やマテリアルの本質を知ることです。

とってもいい勉強会です。来年も行われますから参加をお勧めします。

 

また、木の住まい教室(11月~3月)月一回計5回も今年も開催されます。

定員10名までですので、興味のある方はぜひご参加ください。

%e6%9c%a8%e3%81%ae%e4%bd%8f%e3%81%be%e3%81%84%e6%95%99%e5%ae%a42016)

 

ミュージアムめぐり

2016.09.23

私は、昔から博物館や美術館・図書館等を見て歩くのが好きです。芸術もそうですが、その器・建物を見るのも好きです。むしろどっちかっていうと、後者の方かも知れません。(笑)

 

先日も、東京に行ったとき見てきました。

上野や六本木などには、著名な美術館や博物館が数多くありますが、入場料も高いし、じっくり時間の有るときに行くことにして、出張の時はさらっと行けるところが中心になります。

 

汐留にあるパナソニック汐留ビルのパナソニックミュージアムです。

 

img_3842

 

 

p1030090 p1030091

 

先月はルネサンスの「ミケランジェロ展」

今月はポワレからシャネル・サンローランなどの「モードとインテリアの20世紀展」

毎回趣向が変わるので、いろんな楽しみがあります。

 

それとその時話題の催し物も見逃せません。

今回は足立区立郷土博物館で開催されている、レトロ家電収集家、増田健一さんのコレクションの展示。

 

img_3857 img_3858

 

音が放射状に広がるよう設計した壁掛けラジオ、缶詰を回転させながらカッターが蓋を開ける電気缶切り――。どれも実際に発売された製品です。当時の技術者達の工夫と苦労がうかがえます。

 

img_3868img_3860

 

レトロ家電収集家、増田健一さんのコレクションを展示開催中です。

中でも増田さんのお気に入りが、トースト、ホットミルク、目玉焼きを1台で作れる調理器です。まず備え付けの鍋でミルクを温め、次にプレートに卵を落とし、最後に内蔵のトースターにパンを入れる。同じころ3品とも出来上がるといいます。なんと慌ただしい。(笑)

また、一つの電話機にダイヤルが2箇ついていて、机をはさんで両方から電話がかけられるという「夢のテレホーン」。もちろん電話をかける先は一回線だけです。主に新聞社やテレビ局で使われたとのことです。

その他多くのメーカーの製品が展示してありましたが、写真撮影OKの所だけの紹介にします。

 

img_3864img_3865

 

思いついたアイデアは形にしてみよう。消費者が求めそうなものはまず作ってみよう。

昭和30年代、日本の家電メーカーにはそんな空気があったと増田さんはみています。

のびのびとした環境(社風)が「おもしろ家電」を生んだといえるでしょう。

その自由な発想を形にする社風は今はどこに行ってしまったのでしょう?

ちなみに一台三役の調理器を作ったのは東芝です。昭和30年代に戻って発想の原点を求めて欲しいものです。

 

またまた、偶然ですが、足立区立郷土博物館に行くときに降りた駅が「亀有駅」でした。

亀有駅というと、今話題のこちら葛飾区亀有公園前派出所です。

駅を降りると銅像に向って大勢の人達が写真を撮っていました。

 

 

img_3852 img_3853

 

多くの人に勇気と笑いを与えてくれた両津勘吉さん

40年間本当にお疲れ様でした。

 

 

 

築地ウォーキング

2016.09.22

今東京は、築地市場を豊洲市場に移転することで問題発覚続発で大いに賑わっています。

早く、一つ一つクリアーにして物事を進めて欲しいと思います。でないと、東京五輪に間に合いませんよね。

 

先日、東京出張の時も朝早く起きてしまう習慣からか、4時に起床してしまいました。東京は夜の街で、朝はどこに行っても遅いので退屈します。

そこで、築地なら動いているはずだと、築地までウォーキングをしました。日本橋のホテルから30分ほどです。ちょうどいい距離です。以前も書いたことありますが、東京って意外と歩くと近いんですよね。(笑)

 

img_3847

市場は、早朝から行き交う車や働く人達でごった返しています。ウロウロ観光客が歩いていると邪魔のような気がしました。それにしても観光客は外人さんばっかりでした。

 

%e5%af%bf%e5%8f%b8%e5%a4%a7-2

以前、このブログでも紹介した場内の寿司大です。

この日は台風の後でか、若干待っている人が少なそうな気がしました。でも待つと1時間以上でしょうね。時間も無かったことと、朝から寿司は重いと思い諦めました。

 

img_3848

築地では場内だけでなく、場外も朝から賑わっています。海鮮丼屋さんや寿司屋さんその他いろいろなお店が開いています。おや、築地でラーメン屋さんを見つけました。朝からラーメンかと思いきやたくさんの人が食べています。

 

img_3849

 

それにつられて、私もラーメンならと注文。

ここのお店は昔ながらの醤油ラーメン一種類だそうです。

 

img_3850

 

でもさすが朝からのラーメンは効きました。やはり普段食べ慣れていないものを食べるとこたえます。結局その日は昼食抜きでした。(笑)

東京で朝早く起きて築地の散歩もまたいいものです。

東京都もいろんな事を早く落ち着かせて、オリンピック開催都市として世界に誇る街になって欲しいですね。

 

 

 

「イチローが嫌いだ」Ⅱ

2016.09.21

昨日の「イチローが嫌いだ」の続きです。

記録の更新の勢いがとどまるところを感じさせないイチロー選手、そのイチロー選手と同じように緊張感を持続させようと思うと恐いところあるの分かります。それが「嫌いだ!」という表現だったのでしょうが、「恐い」とあらためて欲しいですね。

 

イチロー選手が日米通算の安打数で記録を更新したとき、彼はインタビューで「安打数を目標にはしていない」ということを言っていました。

スポーツは記録の世界でもありますから、数字を目標にするのは当たり前のことのようにも思いますが、イチロー選手はただ毎日自分のパフォーマンスに向き合い、練習や試合に臨んでいただけなのです。その積み重ねが、今回の結果として現れています。

 

イチロー選手は長期に渡り結果を出し続けている選手ですが、一流選手の中でもこれほどまでに結果を出し続けている選手も珍しいでしょう。

おそらく私たちが考える以上に、イチロー選手自身が結果を出し続けることの難しさを痛感しているはずです。

結果を出し続けることと言うよりは、ベストパフォーマンスを発揮し続けることの難しさと言った方がいいでしょう。

自分がその時出せる最高のパフォーマンスを発揮できれば、その時の自分にふさわしい結果がやってきます。

 

今回の記録達成も同じように、イチロー選手がこれまでに、自分のベストパフォーマンスを発揮するために自分と向き合い続けてきた結果やってきたものです。

真に一流と呼ばれる人は、目標のような外にあるものより、自分のパフォーマンスのような内向きの思考を必ず持っています。

 

一方で私たちはどうでしょうか?

売り上げ目標を設定したりいつまでに達成するのかを決めたり数字を追いかけた結果、果たしてその目標を達成できていたでしょうか?もちろん、数字の目標が不要と言いたいわけではありません。しかし、目標を決めただけでも不十分なのです。

 

真のハイパフォーマーは、目標や数字、今するべきことなどの戦略やタスクを考える力も優れていますが、同時に自分のパフォーマンスの質を決めている心の状態、すなわち内向きに考える力も優れています。

この両輪がバランスよく働いてこそ、自分のベストなパフォーマンスが発揮され、このようなハイパフォーマンスな毎日を送った結果として、目標や目的を達成することができるのです。

 

今回の安打数に関しては目標にしていないということでしたが、

一方でイチロー選手の子どもの頃の文集をご存知でしょうか?

プロになるためにどのくらい練習して、どのような結果を得て、契約金がいくらで、、、と、

明確に細かく書かれています。

そうです。イチロー選手にも目標はあるのです。

ただ、結果や契約金などの外向きの思考もありますが、やはり練習量や自己分析など

内向きの思考が働いていることにハイパフォーマーの片鱗が示されています。

心に対しても内向きに脳が向いていますし、認知的にも内向きの脳が働いているからこそ、結果を出し続けているのではないでしょうか。

それを長年持続できる肉体と精神力の持ち主にこそ「畏敬」の念をあらわすべきじゃないでしょうか。

1 / 3123
PAGE TOP
Copyright(C) MATSUTA KOUMUTEN CO.LTD, All Right Reserved.
ああああ